憂鬱な気分を軽視しない|早めに専門医に相談しよう

先生

長期間気分が落ち込む病気

聴診器

日常生活に支障をきたすうつ病は、憂鬱な気持ちがずっと続いていく症状を特徴とします。これらは精神科がある病院での治療が望ましいとされており、専門の医師に悩みを相談したり、抗うつ剤を投与してもらうことで解決できるかもしれません。

Read More

専門的な対策を

病院

憂鬱な気分になると、普段の生活も難しくなる場合があります。憂鬱な症状には、うつ病によるものと一時的なものがあり、治療の際には見極めが大事です。うつ病の症状は朝に酷くなり、気分転換を行おうとしない特徴があります。病院を利用する事で、自分に適した専門治療を受ける事が可能です。

Read More

鬱は専門家に治してもらう

カルテ

憂鬱な気分が一定期間以上強まると、うつ病の可能性があり、病院にかかる必要があります。しかしながら、たかだか憂鬱な気分ぐらいで病院にかかることは恥ずかしいと考えたり、本人の気の持ちようだとして、本人の持つ憂鬱な気分を軽視して、病院にかかることが遅らせてしまうことがあります。これでは早期発見早期治療につながりません。しかし、実際には憂鬱な気分を抱くことは誰にでも見られることであり、特別なことではありません。また、うつ病の生涯有病率は3割から4割程と言われており、決して珍しい病気でもないのが現状です。また、精神科の病院にかかることを勧められることで、精神科に対する偏見から受診を拒む人も多いですが、現在では精神科に対する偏見も少なくなってきており、仕事帰りに通院する人も増えてきています。アメリカ等では診療内科や精神科にかかること、心理カウンセラー等からカウンセリングを受けることは美容室に行くのと同様な程、当たり前のこととなっており、日本も将来的にはアメリカにならって精神科の敷居が低くなっていくことが予想されます。現在は抗うつ薬に加え、睡眠導入剤、気分安定薬等も、副作用の少ない良いものが開発されていることもあり、病院にかかる意義はますます向上してきています。

憂鬱な気分が強まり、うつ病の可能性が出てきた場合、病院での実際の治療法として第一に薬物療法が挙げられます。これは抗うつ薬や気分安定剤等で、まず気分の安定を図ることが第一となるためです。その他の治療法としては、臨床心理士等の専門職によるカウンセリング等が挙げられます。このカウンセリングの技法にはいくつかの種類があり、本人の話を傾聴して一緒に問題解決に向けて考えていくものもあれば、認知行動療法のような本人の物事の捉え方や望ましくない行動を変える方法のものもあり、そこの病院に常駐する臨床心理士によってやり方が異なります。そのため、もし、臨床心理士によるカウンセリングを受ける場合、予めどのような方法で行うのか問い合わせてみても良いかもしれません。その他の治療法としては、精神科デイケアに通所し、社会技能訓練のようなコミュニケーション向上プログラムに参加したり、心理教育のような疾病教育を受け、病気についての知識や対処法を獲得していくものもあります。憂鬱な気分というのは時に厄介なものではありますが、それが過度な場合には病院にかかり、様々な角度から治療や対策法、再発防止策等を身に付けていくのも良いのではないでしょうか。

初期症状でありがちなこと

下を向くウーマン

長期に渡って憂鬱状態が続いている場合、それは鬱病の初期症状である可能性が考えられます。その可能性がある場合は病院に足を運びましょう。例え症状が憂鬱だけでなかったとしても、双極性障害にかかっているケースがあります。早期に病院で適切な診断を受けましょう。

Read More

問題解決に頼れる医療

病院

憂鬱な状態を改善するために病院を利用する時は、自分の気持ちを全て話せる病院を探し続けることが大切です。また、患者の憂鬱を解消するために利用できる病院は増加しているため、より精神面のケアを行いやすい環境が充実しています。

Read More